酵素とは何か?~知られざる酵素の働きについて

chisapyi
スポンサーリンク

酵素とは?

酵素」という言葉は、洗剤の「酵素パワー」などというフレーズと共に一般の人々にも馴染み深くなってきましたが、その働きをご存知でしょうか?

人体を動かすには栄養が必要です。その栄養は、食事から取り込まれますが、食事で摂る栄養素はもちろん人体そのものではありません。そこで、その取り込んだ栄養を、消化・吸収を経て人体が使える状態にする必要があります。その際に必要になるのが「酵素」です。

スポンサーリンク



酵素の働きとは?

酵素の働きを感じられる分かりやすい例を挙げてみましょう。ご飯を噛んでいると、だんだん甘くなってきます。これは、ご飯に含まれるでんぷんが、唾液から作られる「アミラーゼ」という酵素によって分解され、糖になることで甘みが出るからです。ご飯をよく噛むと消化によいと言われますが、その理由の一つは、このアミラーゼが、でんぷんを消化することを助けてくれるからです。

アミラーゼは、でんぷんにのみ作用する酵素です。また、でんぷんでもそののごく一部にしか反応しません。そのため、でんぷんを分解する酵素は体のほかの部位(膵臓)からも分泌されます。尚、たんぱく質を分解する酵素としてはペプシンやトリプシン、脂肪を分解する酵素としてはリパーゼというものがあります。

このように、「酵素」は決められた物質の特定の部位にしか反応しません。この関係は「鍵と鍵穴」と似ています。世の中に「鍵(酵素)」はたくさんありますが、どんなに似て見えても、「鍵穴(反応する物質)」に合う「鍵(酵素)」は1つだけです。

酵素が働く条件とは?

このように重要な働きをしている「酵素」ですが、うまく働くためには二つの厳しい条件があります。それは「温度」と「pH(酸・アルカリの度合い)」です。酵素によって最適な温度とpHは異なりますが、体内に存在する酵素が最適と感じる温度は、体温とほぼ同じ37度くらい。pHは、胃酸に含まれる酵素は酸性を好み、それ以外の酵素は中性付近を好むのが一般的です。

困ったことに、酵素は、最適な温度とpHを一度でも逸脱すると、もう元のような仕事をすることはできません。例えば、先の唾液アミラーゼの例であれば、中性である口腔内ではでんぷんを分解する力を発揮しますが、食べ物とともにへ移動すると、酸性度の強い胃酸によって変形してしまいます。その後、胃から小腸に移動して中性の環境に戻っても、もうでんぷんを分解する力はないのです。小腸では、酵素は一般のたんぱく質(アミノ酸)として消化・吸収されることになります。

このように、「酵素」が働くための条件は厳しいものです。「酵素」と聞くと、万能なイメージを持っている人が多いかもしれませんが、酵素の仕事は細分化されており、さまざまな酵素が適材適所で働いています。このような仕組みが私たちの体の中にあり、生命を営むことを助けてくれているというのはすごいことですね。

スポンサーリンク

運営者情報

健康&ダイエットNAVI 管理人

健康診断で脂肪肝を指摘されたことを機にダイエットを決意。さまざまな文献を読み健康的なダイエットを研究。糖質カット、有酸素運動(ボクシング)、筋トレ等を実践することにより、1年間で約17kg減、体脂肪11%減のダイエットに成功しました。(管理人のダイエット体験談はこちら⇒糖質制限+運動で17kg減!)。このサイトでは、ダイエットや健康に関するさまざまな有益な情報をご紹介しています。

また当サイトではダイエット体験談や記事のライティングをしていただける方を募集しています。
興味のある方はこちら

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

Facebook

お酒の糖質カロリー一覧

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る