本当に健康的な甘味料とは?~「完全無欠ダイエット」の甘味料リスト

スポンサーリンク

甘味料の主成分である「」のほとんどは、インスリンの分泌、ひいては血糖値の上昇をもたらし、肥満の原因となります。しかし、甘い味は料理の一部として欠かせないもの。甘味料にもよいものはあるので、是非よい甘味料を選ぶようにしてください。
【関連記事】糖質制限中の方におすすめのおやつ10選(通販購入可能)

ここでは話題のダイエット本『シリコンバレー式 自分を変える最強の食事』で提唱されている「完全無欠ダイエット」で紹介されている、主な甘味料についての「完全無欠」度の表と、筆者の見解を紹介します。

スポンサーリンク



完全無欠ダイエットの甘味料リスト

 食品名
▲完全無欠









ハイリスク▼
キシリトール、エリスリトール、ステビア

ソルビトール、マルチトール、その他の糖アルコール
ブドウ糖/デキストロース(非遺伝子組み換え)、生はちみつ
メープルシロップ、ココナッツシュガー

グラニュー糖、ブラウンシュガー、アガベシロップ、熱処理はちみつ
果糖、濃縮果汁、高果糖コーンシロップ

アスパルテーム、スクラロース、アセスルファムカリウム

完全無欠な甘味料

キシリトール

キシリトールは、多くの果物や野菜に含まれる天然の糖アルコール。ほとんど全ての人が耐性があり、グラニュー糖より甘いのに、インスリンへの影響は無視できるレベル。また、女性が摂取すると骨粗しょう症が少なく、虫歯や副鼻腔炎を予防することも知られている。
キシリトールパウダー楽天市場Amazon
【関連記事】骨粗鬆症(骨粗しょう症)になる原因と予防法とは?

エリスリトール

エリスリトールも、キシリトール同様、青果に含まれる天然の糖アルコール。砂糖の60~70%の甘さだが、カロリーも糖質も含まず、血糖値やインスリン分泌に影響しない。さらに、他の糖アルコールに比べ、胃の不快感を起こすことがはるかに少ない。キシリトール共々、遺伝子組み換えであることを確認すること。
エリスリトール楽天市場Amazon

ブドウ糖

ブドウ糖(グルコース、デキストロース)は、脳が利用する主要なエネルギー源。摂り過ぎは体によくないが、少量ならあらゆる脳機能のサポートをしてくれる上に、果糖を全く含まないので、肝臓、腸、脳を快適に保てる。

生はちみつ

生はちみつには、抗酸化物質、酵素、栄養素が豊富に含まれ、就寝前に大さじ1杯程度を摂ると、よく眠れる効果もある。ただし、熱処理をすると、こうした有益な物質の多くが破壊されてしまうので要注意。例えば熱い紅茶に入れるともうそれは「生」ではない。

やや注意の甘味料

メープルシロップ

良質なメープルシロップは果糖が低く、たまに食べるなら問題はない。ただし、高果糖のコーンシロップでできたまがいものも多いので注意が必要。
メープルシロップ楽天市場Amazon

ココナッツシュガー

ココナッツシュガーは鉄、ビタミンB、亜鉛、マグネシウムなどの栄養価が非常に高く、普通のグラニュー糖ほどは血糖値を上昇させない。それでも摂り過ぎは禁物。

グラニュー糖

グラニュー糖(ショ糖)は、果糖とブドウ糖が同量ずつミックスされたもの。夜に少量を摂取する程度ならさほど害はないが、食べ過ぎは虫歯、心臓病、糖尿病、肥満の原因になる。ショ糖を食べないことが完全無欠への第一歩。

ブラウンシュガー

ブラウンシュガー(粗糖)は、実は成分的にはグラニュー糖と大差がない。また、老化を加速させ、心臓病の原因になる物質を生み出す。

アガベシロップ

アガベシロップは、70~90%が果糖で、ショ糖の2倍の果糖が含まれる。健康食品と謳われることもあるが、普通の砂糖よりもむしろ健康には良くない。

ハイリスクな甘味料

果糖

果糖は体にとって最悪なものの一つで、肝臓障害、毒素蓄積、AGE(強い毒性を持ち老化を進める原因物質)の精製、脂肪肝、腸肥大、痛風、真菌感染症、脳機能の低下などを引き起こす。完全無欠ダイエットでは最小限に抑えるべき。

濃縮果汁

質の悪い、カビが生えた果実から作られることが多く、さまざまな菌が含まれる。多少の栄養は含まれるが、他の食品から得られないものはない。

高果糖コーンシロップ

高果糖コーンシロップ(果糖ぶどう糖液糖など)は、遺伝子組み換え作物のコーンシュガーを精製し、濃縮シロップにしたもの。肥満、糖尿病、高血圧、痛風の主要因で、さらには知的能力を低下させ、真菌感染症や暴飲暴食をも引き起こす。

アスパルテーム

人工甘味料であるアスパルテームは、さまざまな種類のがんと関連がある。

スクラロース

人工甘味料であるスクラロースは、発がん性物質が含まれ、糖よりもむしろ農薬に近い。長期的な安全試験は行われておらず、腸内の善玉菌に悪影響を与えることが分かっている。

アセスルファムカリウム

人工甘味料であるアセスルファムカリウム(アセスルファムK)は、ダイエットコーラなどに含まれている。安全性に関する研究は少なく、甲状腺などにしこりができることがよく報告されている。

参考文献:「シリコンバレー式 自分を変える最強の食事」/デイヴ・アスプリー (著), 栗原 百代 (翻訳)/ダイヤモンド社
スポンサーリンク

運営者情報

健康&ダイエットNAVI 管理人

健康診断で脂肪肝を指摘されたことを機にダイエットを決意。さまざまな文献を読み健康的なダイエットを研究。糖質カット、有酸素運動(ボクシング)、筋トレ等を実践することにより、1年間で約17kg減、体脂肪11%減のダイエットに成功しました。(管理人のダイエット体験談はこちら⇒糖質制限+運動で17kg減!)。このサイトでは、ダイエットや健康に関するさまざまな有益な情報をご紹介しています。

また当サイトではダイエット体験談や記事のライティングをしていただける方を募集しています。
興味のある方はこちら

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

Facebook

お酒の糖質カロリー一覧

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る