エッセンシャルオイルの使い方と選び方~心と身体の働きを癒す方法とは?

スポンサーリンク

美味しそうな香りがすると食欲が湧いてきたり、良い香りがすると心地よく感じたりするものですね。実際、薬として使われている生薬の多くには、香りの原料となるものが使われています。香りをよく理解して使うことによって、心がプラスに傾いて身体の機能もアップします。ここでは、エッセンシャルオイルの香りに含まれている効能と、エッセンシャルオイルの上手な使い方・選び方をご紹介します。

スポンサーリンク



効果は人によって異なる

アロマセラピーでは、病気を未然に防いだり改善したりするために香りを使います。その多くは植物から採れるエッセンシャルオイルで、精油と呼ばれています。精油には生きている植物を支えている特性が含まれています。人それぞれ体質や症状が違いますし、嗅いだことがない香りや親しみのある香りなどの違いもありますので、現れる効果にも違いが生じます

香りの効果を確かめる方法とは?

紀元前4500年頃から使われている香りの薬効は、現代ではその効果を確かめる方法があります。一般には、香りを嗅いだ時の精神的な効果を脳波の変化を測定して分析することで確かめるができます。また、血液中に含まれている免疫物質の上昇を確認することによっても分かります。さらに、香りを構成する分子を調べて、脂肪を燃焼させる働きを見つけることもできます。いずれにしても、現代ではアロマの効果は科学的に証明されています

天然のエッセンシャルオイルを見分ける方法とは?

エッセンシャルオイルの中には、薄めているものや、ある成分を取り除いたものなど、品質の低いものが多くあります。天然のエッセンシャルオイルの化学構造を組み替えたりコピーしたりして化学合成したものは、天然のエッセンシャルオイルと色や香りは同じでも薬効は劣りますので、純粋なオイルかどうかを見分けることはとても大切です。

値段で見分ける~基本的に高いものはよい

その目安となるものはやはり値段です。品質の高いエッセンシャルオイルに安い値段がついていることはあまりありません。それでも、中には粗悪で値段が高いというたちの悪いものもありますので、心配だったら販売員さんに詳しく聞いてみるのも良いですね。また、評判が良く信頼できるショップから購入するのが安全です。
エッセンシャルオイルの売れ筋ランキング楽天市場Amazon

表記で見分ける~「アロマオイル」はダメ!

純粋なエッセンシャルオイルは適切な摘出方法でつくられます。一般に多く使われている方法は水蒸気蒸留法や圧搾法、温浸法です。注意しなければならないのは、「アロマオイル」や「アロマーセラピーオイル」と表記されているものは、主にグレープシードオイルと精油とのブレンドだということです。これには天然のエッセンシャルオイルは5〜10滴ほどしか入っておらず、治癒力もあまりありません。必ず「エッセンシャルオイル」または「100%pure」と表記されているものを選ぶようにしてください。

エッセンシャルオイルの選び方~症状・目的に合わせて選びましょう

リラックス効果~ワインの香り

white-wine
ほろ酔い気分が人気のワインは、グラス一杯分を飲むと健康にちょうど良いと言われていますね。実は、ワインを実際に飲まなくても香りを嗅ぐだけで、脳波にリラックスしていることを示すα波が増えていることが分かりました。赤ワインでも白ワインでもα波は増加します。
■ マスカットワインの香り「クラリセージ」:楽天市場Amazon

虫よけに効果的~ユーカリオイルの香り

eucalyptus2
世界に600種類あるユーカリ植物のうち、香料として使われているのは約10種類。その中で蚊を寄せつけない香りを持つものが2種類あり、蚊よけの目的でさまざまな化学合成品が市販されています。しかし化学合成品は毒性があり皮膚への吸収性が高いことが問題ですが、ユーカリオイルは天然で安全、かつ化学合成品と同等の効力があります。
■ 花粉症にも効果的「ユーカリ」:楽天市場Amazon

風邪撃退に効果的~ティーツリーオイルの香り

tea-tree
ティーツリー(ティートゥリー、ティートリー=tea-tree) ティーツリーはオーストラリア原産の植物です。古くから先住民がティーツリーの葉をお茶として飲んでいたことで知られています。さまざまな効能がありますが、特に細菌や真菌などに対する抗菌性が強いため、風邪やインフルエンザに大変効果があります。また、歯周病菌や抗生物質に耐性のある菌に対しての効果、さらには水虫やカンジダ症に対する抗真菌作用もあります。
■ 強い殺菌・抗菌力「ティーツリー」:楽天市場Amazon

アレルギー反応を抑える~ペパーミントの香り

peppermint
清涼感のあるペパーミントは、歯磨き粉やチューイングガムなどに使われていますね。ペパーミントには抗酸化力のあるフラボノイドも含まれており、痒みや発疹を引き起こすヒスタミンの遊離を防いで、アレルギー反応を抑えることが分かっています。花粉症などアレルギー疾患のある人にオススメの香りです。
■ 偏頭痛や不眠の解消にも「ペパーミント」:楽天市場Amazon

参考文献:
「健康とくすりシリーズ 香りの薬効とその秘密」/著作者 山本 芳邦/発行所 丸善株式会社
「暮らしの中のアロマセラピー」/著者 ヴェロニカ・シブリー/発行所 産調出版 株式会社
スポンサーリンク

運営者情報

健康&ダイエットNAVI 管理人

健康診断で脂肪肝を指摘されたことを機にダイエットを決意。さまざまな文献を読み健康的なダイエットを研究。糖質カット、有酸素運動(ボクシング)、筋トレ等を実践することにより、1年間で約17kg減、体脂肪11%減のダイエットに成功しました。(管理人のダイエット体験談はこちら⇒糖質制限+運動で17kg減!)。このサイトでは、ダイエットや健康に関するさまざまな有益な情報をご紹介しています。

また当サイトではダイエット体験談や記事のライティングをしていただける方を募集しています。
興味のある方はこちら

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

Facebook

お酒の糖質カロリー一覧

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る