格闘家のような体を目指して行った高タンパク質ダイエット

スポンサーリンク
diet-exp-protein-07
  • 投稿者:DAISUKE
  • 性別:男性
  • 年齢:22
  • 身長:173cm
  • 期間:3ヶ月
  • 体重:68kg → 60kg
  • 体脂肪率:14% → 10%
スポンサーリンク



ダイエットの動機

私は高タンパク質ダイエットと言うものを過去に行いました。このダイエットは、食事を摂取する上で筋肉の源となるたんぱく質を多めに摂取し、体重増加の原因となる糖質(お米)の摂取を少なくすると言ったものです。私は上記の食事制限をした上で、腹筋や背筋などの無酸素トレーニング(筋トレ)と、ランニングやジョギング等の有酸素トレーニングも並行して行っていました。

私がダイエットを行うようになったきっかけは、個人的に格闘技を見るのが好きで、テレビやパソコンで格闘技を見ているうちに、自分も格闘家の様な体になりたい、格闘家の様な割れた腹筋がほしいと思ったことでした。

高タンパクダイエットの実践

ダイエットを始める前は、ただ体重を減らせばよいかとも思ったのですが、どうすれば格闘家のような体になれるか?ということをよくよく考えたときに、ただ痩せるだけではなく、筋肉をつけなければいけないと考えました。その時に思いついたのが高タンパク質ダイエットでした。タンパク質と言えばお肉に魚、大豆など美味しいものがたくさんあり、食事制限をする一般的なダイエットよりは楽に行えると思いました。

タンパク質ダイエットを始めた当初は、ランニングや筋トレを行い、大好きな肉や魚を普段よりも多く食べることができてとても楽しく、自分の体がどんどんと変化していくのが実感できました。しかし、お米の摂取を少なくしていたので、次第にお米をもっと食べたいと思うようになり、それがストレスに感じるようになりました。更には、美味しいはずのお肉や魚が日に日に美味しいと思わなくなっていきました。食事の満足度がだんだん下がっていき、それと共にタンパク質ダイエットが辛くなってきました。私が気付いたのは、肉や魚はお米と一緒に食べるからより美味しさが増すということです。

高タンパク質ダイエットの結果

それでも、高タンパク質ダイエットを3ヶ月間行った結果、8キロの減量に成功しました。体脂肪率も14%から10%まで落ちました。腹筋が完璧に割れるところまではいきませんでしたが、少し割れて見えるような感じにはなりました。

現在の体重は63キロで、一番痩せたときよりは3キロ増量しました。数字的な意味では少々のリバウンドですが、実はこの増量は意図的なもの。というのは、今の理想は体脂肪率を維持したまま筋肉を増やすことだからです。今はお米を食べる量は少々増えましたが、ほどよい高タンパク低糖質の食事を続けながら、筋トレをガンガン行っており、今のところ体脂肪率はほとんど変わっていません。つまりうまく筋肉だけを増やすことができています。これからももっと筋肉をつけて増量する予定です。 

高タンパク質ダイエットを考えている方へのアドバイス

この高タンパク質ダイエットはおすすめできますが、私のように3ヶ月の短期間で行わず、もっと長期間で行っていただきたいと思います。食事が楽しくなくなってしまうと暴飲暴食の原因にもなりかねないので、ゆるやかに計画的に行うことをオススメします。

スポンサーリンク

運営者情報

健康&ダイエットNAVI 管理人

健康診断で脂肪肝を指摘されたことを機にダイエットを決意。さまざまな文献を読み健康的なダイエットを研究。糖質制限、有酸素運動(ボクシング)、筋トレ等の実践により、1年間で約17kg減、体脂肪11%減のダイエットに成功しました(管理人のダイエット体験談はこちら)。このサイトでは、ダイエットや健康に関するさまざまな有益な情報をご紹介しています。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

Facebook

お酒の糖質カロリー一覧

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る