プロテインダイエットで15キロ減量

スポンサーリンク
diet-exp-protein-01
  • 投稿者:たぬきさん
  • 性別:男性
  • 年齢:26
  • 身長:174
  • 期間:1年
  • 体重:75kg → 60kg
  • 体脂肪率:20% → 14%
スポンサーリンク



プロテインダイエットとは?

プロテインダイエットとは、一日3食の食事の中の一食をプロテインシェイクに置き換えてカロリーを抑えるというダイエット方法です。私が飲んでいたプロテインは約100キロカロリーなので、一日2食を通常の食事で摂取して、合計カロリーが1000キロカロリーを目安にしていました。1000キロカロリー+100キロカロリーで1100キロカロリーの食事制限を設けて、1年間のダイエットをしました。ルールとしては1週間のうちにプロテインダイエットをする日は5日間、残りの2日間は2000キロカロリー以下なら何を食べても良いと決めました。

ダイエットしようと思った動機

私がダイエットをしようと思ったきっかけは、仕事で転職をしてから、新しい会社でのストレスで暴飲暴食を繰り返し、体重が18キロも増えてしまったことです。私はもともと痩せ気味で、10代の頃は60キロ台を超えたころがなかったのに、二十歳を超えてからだんだん体重が増えてきて、ついに昔では考えられなかった体重になってしまい、さすがにまずいと思いました。そこで、仕事も一区切りついたところで、テレビで見たプロテインダイエットをしてみようと思いました。

ダイエット体験

ダイエットを始めてからは、急に一日の摂取カロリーを落としたので、空腹感を我慢できない日もありました。私は通常のプロテインダイエットと並行して、1週間に一度のダンスの日と、筋トレの日を1週間に3日を設けました、合計すると一週間のうちに4日間は運動をしていました。

運動をせずにカロリーを落とすだけだと、筋肉や、女性の場合はバストやヒップが貧相になったりしてしまうので、おすすめはしません。私はダンスで下半身の筋肉を鍛えて、筋トレは主に自宅でバーベルを軽い重量で扱って、上半身の筋肉を大きくするようにしました。バーベルは畳4畳あれば自宅でも扱えますし、バーベル自体も1万円もあればそろえる事が出来ます。女性にもバーベルは二の腕の引き締め効果、バストアップ、バストの形を綺麗にする効果があるのでおすすめです。私の場合、ダイエットを辞めた現在でも筋トレを毎日のようにしているおかげか、今のところリバウンドもありません。

プロテインダイエットをする人へのアドバイス

プロテインダイエットはどんな人にも有効だと思います。プロテインとはタンパク質ですから、体に悪いものではありませんし、一日の食事の1食をプロテインに置き換えるだけなので、さほど難しくもありません。私の場合はダンスと筋トレをしていましたが、激しい運動が苦手な方は、ウォーキングや昇降台でも同様のダイエット効果を得る事が出来ます。

タンパク質は、髪や筋肉、内臓を作ってくれる人体に不可欠な栄養素です。また、プロテインを摂取することにより、運動後の筋肉痛の回復が早くなるという効果もあります。

注意点としては、一日3食の食事を2食にして、残りの一食をプロテインにするだけなのですが、2食の食事で1000キロカロリーを超えないように、計算して食事をしなければ効果は出てきません。かならず低カロリー、高蛋白質の食事を心がけましょう。

管理人からのコメント

1日1000kcalはなかなか大変ですが、週の2日は2000kcalまでは何でもよいことにしたのが非常によいですね。これはチーティング(cheating)の手法で、ダイエットを効果的に且つ長続きさせる大きなコツです。1年かけて落としたこと、有酸素運動と筋トレの両方をしたことも素晴らしく、これは管理人の理想とする健康的なダイエットに非常に近いダイエットの一つです。「1日1000kcal+プロテイン」を「高たんぱく+低糖質の普通の食事」に置き換えれば、一生でも続けられるのではないでしょうか。男性のみならず女性にもおすすめです。

▼DHC プロテインダイエット
楽天市場Amazon
スポンサーリンク

運営者情報

健康&ダイエットNAVI 管理人

健康診断で脂肪肝を指摘されたことを機にダイエットを決意。さまざまな文献を読み健康的なダイエットを研究。糖質カット、有酸素運動(ボクシング)、筋トレ等を実践することにより、1年間で約17kg減、体脂肪11%減のダイエットに成功しました。(管理人のダイエット体験談はこちら⇒糖質制限+運動で17kg減!)。このサイトでは、ダイエットや健康に関するさまざまな有益な情報をご紹介しています。

また当サイトではダイエット体験談や記事のライティングをしていただける方を募集しています。
興味のある方はこちら

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

Facebook

お酒の糖質カロリー一覧

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る