キレイな手を保つ〜手軽なハンドケア方法とは?

スポンサーリンク
tips-to-treat-dry-hands

手がシワシワ、ガサガサになったり、シミができていたりしませんか?スキンケアには気を付けていても、ハンドケアはおろそかにしてしまう人が多いもの。特に、寒い冬は空気が乾燥のために、手肌のトラブルも一層ひどくなりがちです。ここでは、手を綺麗に保つために誰でも手軽にできる5つのハンドケア方法をご紹介します。

スポンサーリンク



こまめに保湿する

hand-care-2
ハンドケアの基本はなんと言ってもまずはこまめな保湿です。少なくとも、朝・晩のスキンケアで顔に化粧水や乳液などをつけた時には、忘れずに手にもすりこむように心がけましょう。手の甲や指先まで優しくマッサージしながら保湿すると効果的です。

手の届きやすいところにハンドクリームを置く

hand-cream
上で述べた「こまめな保湿」とも関連しますが、塗り忘れを防ぐために、ハンドクリームなどのハンドケアアイテムを、手の届きやすい所に置いておきましょう。洗面所や台所などの水まわりや寝室、車の中やいつも使うバッグの中、会社のデスクの引き出しなど、自分にとって使いやすい場所があるはずです。サイズは小さいものが重宝します。お気に入りのハンドクリームは同じものを複数、違う場所に置いておくのもよいですね。

洗剤を使う頻度を少なめにする

wash-dishes
食事を作りながら使った調理器具を洗っていませんか?家事の効率は良いかもしれませんが、洗剤を使う回数が多ければ多いほど手荒れはひどくなります。手への負担を軽くするために、洗いものはできるだけ食事の後にまとめてする方が良いでしょう。

お湯を使わない

hot-water
汚れた調理器具などを洗う時、お湯を使っていませんか?冷え症の方はどうしてもお湯で水仕事をしたくなるもの。特に寒い冬は熱めのお湯で洗ってしまうこともあるかもしれません。しかし、実はお湯と洗剤の組み合わせは、洗剤の刺激とお湯を使った後の乾燥によって、手への負担が一番大きくなります。洗いものはできるだけお水を使うことで手の乾燥を防ぎましょう。

ゴム手袋を使う

prettienne
たくさんの食器や調理器具を洗う時、また長時間水仕事をする時に、手荒れを防ぐ一番よい方法はゴム手袋をはめることです。洗剤の刺激による手へのダメージを最小限に防いでくれるでしょう。画像の「プリティーネ」というゴム手袋は、指先にぴったりフィットしてゴム臭もなく、かなりオススメです!

▼ 可愛くて機能的なゴム手袋「プリティーネ
楽天市場Amazon
参考文献:
「Nail Lesson ネイル レッスン」/著者 渡邉 季穂/発行所 実業之日本社
「ネイルアートBOOK」/著者 花井 理恵/発行所 株式会社PARCO
スポンサーリンク

運営者情報

健康&ダイエットNAVI 管理人

健康診断で脂肪肝を指摘されたことを機にダイエットを決意。さまざまな文献を読み健康的なダイエットを研究。糖質カット、有酸素運動(ボクシング)、筋トレ等を実践することにより、1年間で約17kg減、体脂肪11%減のダイエットに成功しました。(管理人のダイエット体験談はこちら⇒糖質制限+運動で17kg減!)。このサイトでは、ダイエットや健康に関するさまざまな有益な情報をご紹介しています。

また当サイトではダイエット体験談や記事のライティングをしていただける方を募集しています。
興味のある方はこちら

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

Facebook

お酒の糖質カロリー一覧

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る