スライドワークアウトとは?~スライドディスクの効果と使い方

スポンサーリンク
sliders-workout

「スライド・ワークアウト」は、最近話題のトレーニング。使う道具は「バルスライド」「スライドディスク」「スライダー」「グライディングディスク」など、いろいろな呼び方・商品名がありますが、どれも同じようなもの。これらの道具は最近大手フィットネスジムのジムスペースにも置いてあったりします。ここでは、スライドワークアウトの効果やその使い方についてご紹介

バルスライドの購入楽天市場Amazon

スライドワークアウトの効果・メリット

1. 筋肉への刺激が大きい

スライドディスクの代表的な使い方としては、サイドランジやバックランジが挙げられます。一見、スライドディスクを使って脚を滑らせると楽そうにも見えるのですが、実は、動かすほうの脚ではなく、静止しているほうの脚に効くのがスライドディスクのポイント。筋肉が常に緊張状態になり、大きい負荷がかかるのです。これはやってみればすぐに分かります。

2. 体幹トレーニングにもなる

スライドディスクを使うと、どんなトレーニングであれ、体がある程度不安定になります。もちろんBOSUバランスやバランスボールほどの不安定さではありませんが、体幹にはほどよい刺激が入り、どんなトレーニングにも体幹トレーニングの要素が加わります。
【関連記事】(BOSU) ボスバランストレーナーの使い方が分かる!~トレーニングメニュー動画10選

3. 負荷調整ができる

スライドディスクを使ってランジをする場合、初めのうちは脚はあまり大きく開かないことをおすすめします。それでも十分な負荷がかかります。慣れてくるにしたがって徐々に脚の幅を広くしていくなり、テンポを速くするなりしていきましょう。あるいは、スライドさせる脚と同じ側の手でダンベルなどのウェイトを持つのもおすすめです。

スライドワークアウトの使い方が分かる動画

ゆったりとした簡単な動きで初心者向けです。

オーソドックスな使い方として、フロントランジ、バックランジ、レッグカール(ヒップリフト)、ハンドスライド(腹筋)などを紹介しています。

テンポが速いサイドランジや、手を横にスライドさせる腕立て伏せを紹介しています。

お馴染み高稲トレーナー。4枚を両手・両足に乗せたハンド&レッグスライドは効きそうですね!

バルスライドの購入楽天市場Amazon

スポンサーリンク

運営者情報

健康&ダイエットNAVI 管理人

健康診断で脂肪肝を指摘されたことを機にダイエットを決意。さまざまな文献を読み健康的なダイエットを研究。糖質カット、有酸素運動(ボクシング)、筋トレ等を実践することにより、1年間で約17kg減、体脂肪11%減のダイエットに成功しました。(管理人のダイエット体験談はこちら⇒糖質制限+運動で17kg減!)。このサイトでは、ダイエットや健康に関するさまざまな有益な情報をご紹介しています。

また当サイトではダイエット体験談や記事のライティングをしていただける方を募集しています。
興味のある方はこちら

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

Facebook

お酒の糖質カロリー一覧

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る