筋膜リリースのやり方が分かる動画10選

スポンサーリンク
self-myofascial-release-exe

筋膜リリース」とは、一種のストレッチで、筋肉を包んでいる「筋膜」の縮みや癒着を正常な状態に戻すこと。ストレッチポールフォームローラー)やテニスボールゴルフボールなどを使って行うのが一般的です。

最近はアスリートの筋肉ケア方法として常識になってきました。が、もちろん一般の方にもおすすめで、筋トレの前に行うと筋トレの効果が大きくなると言われていますし、あらゆるスポーツのウォーミングアップの一環として行えば、パフォーマンスアップケガの予防につながります。また、肩凝りや腰痛、脚がつるなどの症状に悩んでいる方にとっては、その改善も期待できます。

ここでは、体の各部位の筋膜リリースする方法がよく分かる動画をご紹介します。「筋トレTV」さんが紹介している動画は、種目が多く、しかも非常に分かりやすいので、全てこちらから選ぶことになりました。

スポンサーリンク



足の裏:テニスボール等

一般の方に最もおすすめの筋膜リリースです。初めてやる方は、痛くてビックリするのではないでしょうか(笑) なるべく痛いところを探して行い、慣れてきたら是非ゴルフボールを使ってやってみてください。

ふくらはぎ:ストレッチポール/テニスボール

これは比較的気持ちよくできるのではないでしょうか。角度を変えながら、ふくらはぎを万遍なく当てるようにしてください。

太もも裏:ストレッチポール:

これも比較的気持ちよい筋膜リリースです。脚を組んで片足に体重をかけるようにするのがおすすめですが、痛い場合は両脚いっぺんにしても構いません。

太もも前:ストレッチポール:

これはかなり痛いと感じる人が多いのではないかと思います。両脚いっぺんで十分効くと思いますが、もし効いている感じが薄い場合は脚を組んで片脚ずつにしてみましょう。

太もも内側(内転筋):ストレッチポール:

一般の人ではこの筋膜リリースをやる人は少ないかもしれません。内転筋は「縁の下の力持ち」と言われ、脚の動き全般や骨盤の動きを細かくコントロールしている大事な筋肉です。運動前には是非やってみてください。

太もも外側:ストレッチポール:

とてもポピュラーな筋膜リリースで、おそらくかなり痛いはずです。逆にあまり痛くない場合、当てる角度を変えれば痛い箇所があるはずなので、痛い箇所を探してみてください。

お尻(大殿筋):テニスボール/ストレッチポール:

腰痛の方、長時間デスクワークをする方におすすめの筋膜リリース。個人的にはテニスボールで、お尻のやや上あたりの固いところに当ててするのが好みです。

背中(広背筋):ストレッチポール:

肩こり、猫背の人におすすめの筋膜リリース。また、大きな筋肉である広背筋をリリースすることによって、代謝がアップする可能性もあります。

肩甲骨周り:テニスボール

こちらも肩こり、猫背の人におすすめ。肩甲骨の可動域が広がりますので、特に水泳、野球、ボクシングなど腕の動きが重要なスポーツのパフォーマンスアップに有効です。

小胸筋:テニスボール

一般の人ではこの筋膜リリースをやる人は少ないかもしれません。猫背、肩凝り改善の他、女性のバストアップに効果があります。

ストレッチポール楽天市場Amazon
スポンサーリンク

運営者情報

健康&ダイエットNAVI 管理人

健康診断で脂肪肝を指摘されたことを機にダイエットを決意。さまざまな文献を読み健康的なダイエットを研究。糖質カット、有酸素運動(ボクシング)、筋トレ等を実践することにより、1年間で約17kg減、体脂肪11%減のダイエットに成功しました。(管理人のダイエット体験談はこちら⇒糖質制限+運動で17kg減!)。このサイトでは、ダイエットや健康に関するさまざまな有益な情報をご紹介しています。

また当サイトではダイエット体験談や記事のライティングをしていただける方を募集しています。
興味のある方はこちら

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

Facebook

お酒の糖質カロリー一覧

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る