ストレスを解消する方法10選

スポンサーリンク
stressed-woman

何かとストレスの多い現代社会。朝から満員電車に乗るのがまずストレスですし、会社でも仕事のプレッシャーでストレス、対人関係でストレス…。うまくストレスを解消できないと毎日が楽しくないですし、ひどい場合は「うつ」になってしまう可能性だってあります。ここでは、日々のストレスを解消するさまざまな方法をご紹介します。「そんなの当たり前だ」というものもあるかもしれませんが、実際に実践できているでしょうか?ストレスに悩んでいる方は、一つでも二つでも実践してみてください。

スポンサーリンク



1. 瞑想する

meditate
「瞑想」というと、何やら宗教チックで怪しげなイメージを持つ方もいるかもしれませんが、実は瞑想は最近注目されているリラクゼーション方法です。瞑想には、脳の神経経路が改善され、ストレス耐性がつく効果があるという研究結果もあります。

やり方はいろいろありますが、一つの簡単なやり方をご紹介します。

  1. あぐらをかいて床に座り、目を閉じる。背筋は伸ばす
  2. 何でもよいので短いポジティブな言葉や好きな言葉(専門用語では「マントラ」)をつぶやく(思いつかない方は「ありがとう」や「幸せです」などでもよいです)
  3. 片手をお腹に当て、つぶやいた言葉と合わせるようにゆっくり呼吸する
  4. 邪念を体の中から吐き出すように意識する

数分瞑想するだけで、終わったときには頭がスッキリし、体も軽く感じるようになります。

2. 深呼吸する

deep-breathing
ストレスを感じたら、5分時間をとって、深呼吸してみましょう。これもやり方はいろいろありますが、一つのやり方をご紹介します。

  1. あぐらをかいて床に座り、目を閉じる。背筋は伸ばす
  2. 片手をお腹に当てる
  3. からゆっくり息を吸い込む
  4. 吸いこんだ息はまずお腹に入り、次第に頭に上っていくように意識する
  5. ゆっくりから息を吐き。吸い込んだ逆の順で息が出るように意識する

これによって、心拍数と血圧が下がり、ストレスも和らげられます。

3. 何かを感じてみる

sense
ストレスを感じたら、5分時間をとって、日頃あまり意識していないちょっとしたことに、注意深く意識を向けてみましょう。例えば、歩いているときに風が頬に当たる感触、足が地面を踏みしめる感触、ものを食べたときの一口一口の食感、などです。このように、一時的に体のある感覚を集中させることによって、精神的な緊張感が和らぎます。

4. 人に話す

talk
友達と話すことは、ストレスを解消する有効な方法の一つです。嫌なことはとにかく人に話してみてください。できれば直接会って話すのがよいですが、電話やSNSを使うのもよいでしょう。ただ話を聞いてくれるだけで、ストレスは和らぎますし、友人の意見や何気ない一言で、新しい気付きをもらえることもあります。

5. 体と対話する

tune-into-your-body
ストレスを感じたら、自分を客観視してみると、よりよい対処ができるようになります。一つの方法として、頭の中で体をスキャンしてみるのが有効です。

まずゆったりとした気持ちで仰向けに横になります。頭の中で、足先から頭のてっぺんまで、1~2分かけて体をゆっくりスキャンし、体の感覚を感じ取るよう意識してください。リラックスできている箇所もあれば、緊張している箇所もあるはずです。

6. 首枕&テニスボール

neck-warmer
首には神経の束である脊髄が通っており、首のこりと自律神経には深い関係があると言われています。そこで役立つのが、首を温める効果のある首枕(ネックウォーマー等)です。

温かい首枕を首に巻き、10分程度、目を閉じ、顔や肩周り、背中などをリラックスさせてください。テニスボールで首をマッサージするのもおすすめです。寝そべって首の下にテニスボールを置くのも気持ち良いですし、自分の手でテニスボールを持って首に押し当てても構いません。
首枕(ネックウォーマー)楽天市場Amazon
マッサージ向きのテニスボール楽天市場Amazon

7. 笑う

laugh
笑うことは、ストレス解消に多いに役立ちます。笑うことによって、ストレスホルモンと呼ばれる「コルチゾール」を減ると同時に、幸せホルモン「エンドルフィン」の分泌が増えるからです。ストレスを感じたら、漫画を読んだり、お笑い番組を見たり、人を笑わせるのがうまい人とおしゃべりをしたりして、是非たくさん笑いましょう。

8. 音楽を聴く

listening-to-music
ある研究によれば、心地よい音楽を聴くと、血圧や心拍数が下がり、ストレスが和らぐそうです。例えば、波の音、小川のせせらぎ、鳥の鳴き声などの自然音は効果的です。それ以外でも、自分が入り込めるお気に入りの音楽なら何でも構いません。あるいは、大声を張り上げてカラオケを歌うのも一つの手です。最近は「一人カラオケ」も一般的になっていますので、音痴な人も是非試してみてください。
自然音CD楽天市場Amazon

9. 運動する

walking-woman
どんな運動でも、運動をすると脳の血流が活発になり、幸せホルモン「セロトニン」の分泌が促されます。これによって、ストレスが解消されると共に、ストレス耐性も強くなります。

ランニング、ウォーオキング、ダンス、階段の昇り降り…何でもよいので、自分が楽しくできる運動を何か見つけてみてください。どうしても体を動かすのが苦手という方は、肩の上げ下げやストレッチなど、ごく軽い運動でも十分効果はあります。

10.「いいこと日記」を書く

diary
日常身の回りで起こった「いいこと」「心温まること」を書き留めるのも効果的です。例えば、子供の笑顔、日が照ったいい天気、自分の健康といったほんのちょっとしたことから、自分の趣味のこと、仕事でうまくいったこと…等々さまざまあると思います。こうしたポジティブな気持ちの積み重ねによって、ネガティブな気持ち消し去ってくれます。メモ帳一つあればできることなので、是非やってみてください。あるいは会社に一つ、家に一つといった具合にメモ帳を使い分けても構いません。

この記事はアメリカのサイトhttp://www.webmd.com/の記事を「健康&ダイエットNAVI」が日本向けに編集したものです。
スポンサーリンク

運営者情報

健康&ダイエットNAVI 管理人

健康診断で脂肪肝を指摘されたことを機にダイエットを決意。さまざまな文献を読み健康的なダイエットを研究。糖質カット、有酸素運動(ボクシング)、筋トレ等を実践することにより、1年間で約17kg減、体脂肪11%減のダイエットに成功しました。(管理人のダイエット体験談はこちら⇒糖質制限+運動で17kg減!)。このサイトでは、ダイエットや健康に関するさまざまな有益な情報をご紹介しています。

また当サイトではダイエット体験談や記事のライティングをしていただける方を募集しています。
興味のある方はこちら

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

Facebook

お酒の糖質カロリー一覧

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る