紫外線と疲労との関係~そのメカニズムと回復方法とは?

スポンサーリンク

みなさん、原因不明の体調不良疲労に悩まされていませんか?夏バテ、睡眠不足、ストレスなど思い当たる原因がない方は、もしかすると、その原因は紫外線かもしれません。紫外線というと、シミやそばかすの原因だけでなく、近年の研究では紫外線が疲労と関係していることがわかってきました。

なぜ疲労を起こすのか?

暑い日差しの中、座っているだけで疲労を感じるように、紫外線を浴びると体力を消耗します。紫外線は、体にとって有害物質と認識されるため、血中の疲労物質が増加し、更には体が受けるダメージと闘うために、活性酸素が体内で作られます。これが疲労を感じる原因となるようです。

活性酸素とは?

活性酸素は、身体の細胞が外部の影響によってダメージを受けないよう体内で作られます。紫外線のような人体に有害な物質が体内に入りこむと、強力な殺菌能力を発揮しますが、活性酸素が増えすぎると、逆に細胞に悪影響を与えてしまいます。

活性酸素は、体を酸化させ、細胞のDNAまで傷つけると言われており、老化や生活習慣病などさまざまな病気の原因であると知られています。活性酸素について詳しくは以下の記事をご参照ください。
【関連記事】活性酸素とは何か分かりやすく説明してみました

この活性酸素を発生される原因のひとつが紫外線です。紫外線を浴びることにより、メラニンが増え日焼けの原因となるだけでなく、体内に活性酸素を発生させて、疲労や老化の原因となってしまうのです。

目の紫外線対策を忘れないで!

日傘や帽子、日焼け止めクリームなどで紫外線対策をする人は多いと思いますが、目から取りこまれる紫外線を防がないことには、紫外線対策は十分とはいえません。目から紫外線が取り込まれると、角膜に炎症が起こり、脳は目が紫外線ダメージを受けたことを察知します。すると人間の体は、皮膚が紫外線を浴びるのと同様に、体内にメラニンを発生させてしまうのです。これは意外に思う方が多いのではないでしょうか?また、目のダメージ自体も、角膜炎や白内障の原因となることが分かっています。
参考文献:http://bihada-glass.com

では、実際どうやって目から入る紫外線を防ぐことができるのでしょうか。

1. サングラスを使用する

マラソン選手がサングラスをしているのをよく見かけると思います。実は、これは太陽がまぶしいからというだけではなく、紫外線による疲労を予防するためだということをご存知ですか?サングラスは、目から入る紫外線を防ぐための有効な手段です。

2. 抗酸化作用のある食べ物を食べる

活性酸素を発生させないよう、体内で抗酸化物質がたくさん作られるような食べ物を積極的に取りましょう。特に、緑黄色野菜に含まれる「ルテイン」という成分は、活性酸素を取り除く効果を持っています。また「天然のサングラス」とも呼ばれており、あらゆる目のトラブルを防いでくれます。

ルテインは目の中の水晶体や黄斑部などにもともと存在していますが、紫外線によるダメージや酷使による疲れによりどんどん減少してしまいます。ルテインは体内では作られないので、食べ物やサプリメントから摂取するしかありません。ケール、ほうれん草がルテインを多く含有する代表的な野菜です。
ルテイン サプリメント
楽天市場Amazon
【関連記事】栄養価抜群!ケールのレシピ・食べ方15選

3. 水素水で活性酸素除去

最近話題の水素水。いろいろな人がさまざまなことを言っていますが、研究によれば、活性酸素を除去する効果があることは間違いないようです。
【関連記事】水素水って本当に効果あるの?~水素水が優れている理由
実際、こちらの記事では水素水を2ヶ月飲んだらシミが消えたという方の体験談が紹介されています。
【関連記事】シミが消えた!~私が感じるメロディアン水素水の効果
紫外線対策は、外側だけでなく、体の内側からも行うとさらに効果的と言えそうです。

スポンサーリンク

運営者情報

健康&ダイエットNAVI 管理人

健康診断で脂肪肝を指摘されたことを機にダイエットを決意。さまざまな文献を読み健康的なダイエットを研究。糖質カット、有酸素運動(ボクシング)、筋トレ等を実践することにより、1年間で約17kg減、体脂肪11%減のダイエットに成功しました。(管理人のダイエット体験談はこちら⇒糖質制限+運動で17kg減!)。このサイトでは、ダイエットや健康に関するさまざまな有益な情報をご紹介しています。

また当サイトではダイエット体験談や記事のライティングをしていただける方を募集しています。
興味のある方はこちら

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

Facebook

お酒の糖質カロリー一覧

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る