短期間で簡単に痩せられるダイエット方法⇒糖質制限のすすめ

スポンサーリンク

短期間で簡単に痩せたい!」と思っていますか?世の中にはいろいろなダイエット方法があります。短期間で痩せるだけならよい方法があります。1週間何も食べないでください。それはちょっと厳しいと思ったら、スムージーだけ飲んで過ごしてください。そうすれば絶対に痩せますよ。

でもそんなことをしたらどうなるでしょうか?その後に待っているのは間違いなくリバウンドです。

リバウンドが起こると、体がどうなるかご存知でしょうか?リバウンドをするようなダイエットをする人は、たいてい食べる量を急激に減らしています。そうすると、脂肪だけでなく筋肉も減ってしまっています。そして、そういう人はたいてい運動をほとんどしていませんので、リバウンドするときには、脂肪だけが増えます。つまり、筋肉が減って脂肪が増えます筋肉とは、普通に生活しているだけで、脂肪を燃やしてくれるありがたい存在なのに、その筋肉が少なくなったら、ますます痩せにくい体になってしまいますね。

当サイトは、健康的なダイエットをコンセプトにしています。短期間で痩せてリバウンドするダイエットは決して健康的なダイエットとは言えません。ですので、そういったダイエット方法はおすすめしていません。

管理人はダイエットについていろいろ研究し、自分でも15kg減量を達成しました。そんな管理人が自身を持って勧める、短期間で痩せるために最も簡単で、しかも健康的だと思えるダイエット方法は「糖質制限(低糖質)ダイエット」です。

糖質制限ダイエットとは、ざっくり言うと、甘いものや主食(ご飯やパスタ)などの炭水化物(糖質)を控えるダイエット方法です。

ここでは、糖質制限ダイエットが短期間&簡単に痩せられると言える理由をご説明したいと思います。

スポンサーリンク



1. 脂肪がダブルで減る

burning-fat
糖質を摂ると、血糖値が上がり、インスリンという物質が分泌されます。このインスリンが曲者で、体内の糖質を脂肪に変えようとする働きがあるのです。つまり、糖質をあまり摂らなければインスリンがあまり分泌されない、つまり脂肪は溜まりにくいということが言えます。

そしてもう一ついいことがあります。人間の体がエネルギーとして使うものは何だかご存知でしょうか?最初に糖質を使います。そしてその次に脂肪を使います。つまり、体の中の糖質が少なければ、それだけ早く脂肪を燃やしてくれるのです。

このように、脂肪が「溜まりにくい」&「早く燃えてくれる」と、ダブルの意味で脂肪を減らす効果があるので、短期間で結果が出やすいのです。

2. 体の余分な水分が減る

glycogen
糖質制限について語る人は多いですが、このことに触れている人はそんなに多くないようです。糖質は、体の筋肉の中で「グリコーゲン」として蓄えられています。実はそのグリコーゲンは、糖質1gにつき水分4gを一緒に蓄えているのです(イラスト参照)。つまり、糖質を抜けば体の水分も一緒に抜けてくれるので、これも糖質制限ダイエットが短期間で成果が出る大きな理由の一つです。

ちょっと話は変わりますが、ダイエットや健康の問題の一つに「むくみ」というものがあります。むくみの原因はいくつかありますが、その一つは「塩分の摂り過ぎ」です。これは、塩分を摂り過ぎると、塩分に含まれるナトリウムが水分を蓄えてしまうからです。そこで糖質の話に戻って見ると、糖質が蓄えているのも水です。どちらも一種のむくみと言えないでしょうか?もちろん、ダイエットでは脂肪を落とすことが先決ですが、無理のない形で、体が溜め込んでいる水分を減らすことも、管理人は立派なダイエットだと考えています。

ただし、体の水分が減ることは事実ですので、一般的に糖質制限ダイエットをする場合は水を多少多めに摂るようにとは言われます。「水を多く飲んだら同じことじゃないか?」と思う方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。健康であれば、飲んだ水は体を循環し、溜め込まれることはありません。水が体を循環していると代謝も上がりますので、その意味でも水分はしっかり摂るべきです。

3. お腹が減らない

woman-eating-salad
糖質制限ダイエットは辛いのではないか?と思っている人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。むしろ、糖質制限ダイエットは、他のどのダイエットよりも辛くないダイエットです。というか、そもそも辛いダイエットをしてはいけません。辛いダイエットはリバウンドの大きな原因です。

ではなぜ糖質制限ダイエットが辛くない(=簡単)と言えるのか?それは食べる量は減らさなくてよいからです。ご飯などの主食を減らす代わりに、それ以外の栄養素、特にたんぱく質と食物繊維をたっぷり摂ってください。お腹が減ってはダイエットが辛くなります。なので、辛くならないように、たんぱく質と食物繊維を食べて今までと変わらないくらい満腹にしてください。

加えて、たんぱく質と食物繊維は糖質よりもゆっくり消化・吸収されるので、ただでさえお腹が減りにくいのです。逆に、糖質血糖値を急上昇・急降下させ、急降下したときに空腹になります。糖質を減らしてその代わりにたんぱく質と食物繊維を増やす食生活を続けると、食べる量自体が自然に減っていくはずです。

4. 筋肉を維持しやすい

womans-muscle
最初に述べたように、食べないで痩せようとすると間違いなく筋肉が落ちます。諸説ありますが、食べないで痩せた場合、減った体重のうち25%は筋肉が減った分だと言われています(70%という説もあります)。ではなぜ筋肉が落ちるのか?それはたんぱく質が足りていないからです。

前の項で説明したように、糖質制限ダイエットは、「糖質を減らす」ことと「たんぱく質を増やす」ことがセットになっています。たんぱく質は、皆さんご存知のように筋肉を作る材料です。つまりたんぱく質を多く摂れば、それだけ筋肉を維持しやすいのです。

前に述べましたが、筋肉は、脂肪を燃やしてくれるありがたい存在です。つまり筋肉がしっかりついていれば、普通に生活しているだけでより多くの脂肪を燃やしてくれるので、痩せるのに効率がよいですよね。

5. 運動しなくてよい

relaxed-woman
最初に断っておきますが、決して運動しないことをすすめているわけではありません。運動はしないよりはしたほうが絶対によいです。筋トレをすれば筋肉が増えて脂肪を燃えやすくしてくれますし、有酸素運動をすればその場で脂肪が燃えてくれます。どんな運動でも、すればそれだけ早くダイエットの成果は表れます。

とは言え、この記事では「簡単に」痩せることがテーマですので、その意味では、痩せるために運動することが必須かと言えば、必須ではありません。一つ確実に言えるのは、運動は、できてもせいぜい週1~3回、1回につき60~90分くらいのものだということ。それに引きかえ、食べることは毎日・毎食のことです。痩せるためには、運動よりも日々の食事に気をつかうことの方がはるかに大きな部分を占めているのです。

ここまでの説明で、糖質制限ダイエットは筋肉を維持しつつ、脂肪を落とせる、有効な食事方法だということがお分かりいただけたと思います。これまで通りの食生活を送りながら気休め程度の運動をするくらいだったら、運動しないで糖質制限したほうが、はるかにダイエット効果は大きいです。

まとめ

いかがでしたしょうか?糖質制限ダイエットをやってみたくなったのではないかと思います。ただし、一つ注意してほしいことがあります。短期間で痩せたい気持ちは分かりますが、短期間厳しいダイエットをして、それが終わったらまた元の食生活、というのはやめてください。糖質制限はリバウンドしにくいダイエットとは言われていますが、何もかも元通りに戻したらリバウンドします

そのためにも、無理のない、辛くないダイエットをすることが大切です。ダイエットが辛くなければ、時間が経つうちにその食生活は日常の生活の一部になります。なので食生活に元に戻ることもなく、リバウンドすることもありません。糖質もいきなり全部やめるというのではなく、まずは、ご飯を1/3減らす、毎日食べていたスイーツを週末だけにする、という程度で十分です。慣れてきたら、もう少しずつ減らしていけばよいでしょう。

糖質制限ダイエットのやり方については、いろいろなサイトで紹介されていますが、当サイトでもご紹介しています。初心者向けの方法としては、以下の記事が参考になると思います。
簡単にできる低糖質(糖質制限)ダイエット7つの方法

その他にも、糖質制限ダイエットたんぱく質、その他さまざまなダイエットに役立つ情報をご紹介しています。是非いろいろのぞいていってください。
糖質制限ダイエットに関する記事一覧
糖質制限ダイエット体験談一覧
たんぱく質に関する記事一覧

スポンサーリンク

運営者情報

健康&ダイエットNAVI 管理人

健康診断で脂肪肝を指摘されたことを機にダイエットを決意。さまざまな文献を読み健康的なダイエットを研究。糖質カット、有酸素運動(ボクシング)、筋トレ等を実践することにより、1年間で約17kg減、体脂肪11%減のダイエットに成功しました。(管理人のダイエット体験談はこちら⇒糖質制限+運動で17kg減!)。このサイトでは、ダイエットや健康に関するさまざまな有益な情報をご紹介しています。

また当サイトではダイエット体験談や記事のライティングをしていただける方を募集しています。
興味のある方はこちら

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

Facebook

お酒の糖質カロリー一覧

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る