ナイシトールの副作用で肝臓数値上昇!?

スポンサーリンク
  • 投稿者:メタボリック星人
  • 性別:男性
  • 年齢:49
  • 身長:160
  • 期間:3ヶ月
  • 体重:70.3kg → 69.4kg
  • 体脂肪率:27.5 → 27.0
スポンサーリンク



40代の健康診断でメタボ判定

私は40歳に入り、自治会の健康診断を受診することにしました。検診で血圧があがり始めて、おまけにウエストが83から88へ増えてほぼメタボ状態。内科から診察後の健康指導も受け、「今はまだ血糖値も平常ですが、このままだと糖尿病などのリスクもある」と注意されました。また、体重が減れば血圧もさがるので、毎日少しずつゆっくりでよいのでウオーキングをするようにとアドバイスを受けました。

ウォーキングするも断念

そのようなことで、夜の20時頃、落ち着いた地元の公園でウォーキングを始めました。初めの頃は週に1回、毎回20分ほどのウォーキングなのですが、なかなか体がついていきません、歩くことが本当に辛いと思いながら続けました。

3週目から週2回、毎回30分を歩いていたのですが、1か月くらいたった頃、少し腰が痛くなりウォーキングも休みがちになりました。加えて、雨の日が連続すると、かなり間が空くということもあって、なかなか歩くリズムも定着しません。そのうちにウォーキングはお休み状態になってしまいました。

独自の食事療法は効果無し

そこで、どうにかして食事で痩せる方法はないものかと考えました。ちょうどテレビで、「ダイエット中でも炭水化物を体に入れないと、体が燃やす物がないので、脂肪燃焼されず、ダイエットは成功しない」と言われていたので、「なんだ、炭水化物は摂っていいのか」と思いました。それで、朝はイチゴジャムとバターをつけたトーストを3枚食べ、昼は100円ショップのカップそばを食べるという毎日。その代わり夜は夕方にさっぱり物の惣菜を中心に食事をしました。昼にカップそばを食べたのは、「そばはダイエットによい」という口コミの影響です。

それでも体重は全く減りませんでした。

ナイシトールを試してみるも…

そこで、どうしたものかと思っていたとき、テレビのCM(輪切りになったお腹が外れるやつ)で、小林製薬の「ナイシトール」の存在を知って、試してみることにしました。ナイシトールは、18種類の生薬を配合した漢方薬で、体内に溜まった老廃物などの余分なものを排出し、脂肪の分解や燃焼を促してくれるそうです。値段は中箱で、4000円ちょっとだったと思います。味は漢方の苦味が少しありますが、錠剤なので飲みやすいです。

そして飲み始めて1ヶ月くらい経ったある日、また自治会の健康診断があり、内科で血液の検査と尿の検査をしてみました。あまり痩せている感じはしなかったですが、体の調子は普通に良いと思っていました。

ところが、検査で肝臓の数値が悪化していて驚きました。私は酒もタバコもやりません。もしやと思ってナイシトールのホームページを見ると、ナイシトールの副作用として「肝機能障害」と書いてあるではありませんか。脂肪を燃焼させるということは、肝臓に負担をかけるのでしょうか?そのあとエコーの予約をとって検査は終了、結局、肝臓に異常はありませんでしたが、ナイシトールの服用は中止しました。

ダイエット失敗

結局、腰は痛いわ、肝臓の数値は上昇するわで、私のダイエットは失敗に終わりました。ナイシトールは、私自身には効果がありませんでしたが、運動する人だったら、分解された脂肪が効率良く燃焼されるのかもしれません。

管理人からのコメント

ナイシトールの副作用についてはなんとも言えませんが、朝のトースト3枚と昼のカップそばという食事には問題がありそうです。たしかに炭水化物は多少は摂るべきですが、その食事はあまりに高糖質で、しかもカップそばは添加物まみれ。低糖質で添加物を控えた食事にすれば体重は減るはずなので、少し体重が減って、腰が治った頃、またウォーキングにトライしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

運営者情報

健康&ダイエットNAVI 管理人

健康診断で脂肪肝を指摘されたことを機にダイエットを決意。さまざまな文献を読み健康的なダイエットを研究。糖質カット、有酸素運動(ボクシング)、筋トレ等を実践することにより、1年間で約17kg減、体脂肪11%減のダイエットに成功しました。(管理人のダイエット体験談はこちら⇒糖質制限+運動で17kg減!)。このサイトでは、ダイエットや健康に関するさまざまな有益な情報をご紹介しています。

また当サイトではダイエット体験談や記事のライティングをしていただける方を募集しています。
興味のある方はこちら

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

Facebook

お酒の糖質カロリー一覧

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る