腹が減りすぎ、低糖質ダイエット!

スポンサーリンク
  • 投稿者:味噌漬け飴玉氏
  • 性別:男性
  • 年齢:34
  • 身長:170
  • 期間:3ヶ月
  • 体重:83kg → 85kg
  • 体脂肪率:
スポンサーリンク



ダイエットを始めた動機

日がなパソコンの前に座ってひたすらに仕事をしているため、170cmしか身長がないのに、気が付けば83kgと完全なデブになってしまいました。とはいっても、食事は日々刺激の少ない生活をおくっている者にとって、少ない喜びのひとつ。食事を削ってまでダイエットをするなど、ちょっと考えられません。しかし最近話題となっている低糖質ダイエットは、とにかく炭水化物を食べなければ何を食べてもOKというじゃありませんか。食事ぐらいしか楽しみのない大食いなデブには何よりのダイエットだと飛びつきました。

低糖質ダイエットを実践

その日から、食事といえば肉と魚、野菜のオンパレード。揚げ物は衣が炭水化物なので食べず、焼いた肉や魚をよく食べ、一日に一回以上は盛りだくさんの野菜炒めを食べました。主に朝は納豆2パック、昼はもやしときゃべつの野菜炒め、夜はお惣菜盛りだくさん、といった感じの食事メニューです。また、お腹が減ったらきゅうりを丸かじったりと、おやつは生野菜を積極的に食べました。

炭水化物を抜くと・・・

低糖質ダイエットをやって気が付いたことがひとつ。たくさん肉や野菜を食べているにも関わらず、食事の満足感がほとんど得られないってことです。最初の1~2日は問題なかったのですが、3日もすると次第に物足りなくなってきて、それからというもの、その気持を紛らわせるためにとにかく肉と野菜を食べまくりました。肉ばかり多く食べてしまうため、エンゲル係数が跳ね上がってしまい、そんなに稼いでいるわけではないから家計は火の車。しかし、それでも痩せられるならと、どうにか一ヶ月間続けました。

低糖質ダイエットの結果

一ヶ月続けた結果は、ダイエットを始める前よりも2kg太って85kg。つまり、炭水化物を抜いたことでお腹が減りに減ってしまい、炭水化物以外のカロリーを取りまくってしまったことが原因だと思います。低糖質ダイエットをすれば数キロは痩せられると思っていただけに、その逆となってしまった結果はさすがにショック。お金も無理したのに、ダイエットをした甲斐がなかったです。

炭水化物は太らない?

それからは低糖質ダイエットなどはせず、バランス良い食事を心がけ、ほんの少しずつ食事量を減らし、食べ過ぎを節制。量を減らしたといってもほんの少しなので辛いことはなく、たまに爆食いすることでストレスを解消、みたいな食事に変えました。すると、85kgが一ヶ月で82kg、二ヶ月で80kgまで減り、期せずしてダイエットに成功!その後よく調べてみると、炭水化物はカロリーは高いですが、ガソリンのように体がガンガン燃焼するので太りづらいのだそう。しかも炭水化物を食べれば、少ない食事量でも満足度は非常に高くなることもわかりました。

今も食事量を少しずつ減らして、ダイエットに取り組んでいます。自分に合ったダイエットを見つけられたという意味では、低糖質ダイエットを体験したことも無駄ではありませんでした。

管理人からのコメント

低糖質ダイエットに失敗した貴重な体験談です。空腹とどう付き合うかはダイエットを行う上での大きなポイント。おそらく失敗した原因は脂質が足りなかったことにあったと思います。脂質は少量でも満腹感を抑えてくれて、体に多くのエネルギー(=カロリー)を供給してくれる優秀な栄養素です。『お腹が減ったらきゅうりを丸かじったり』とのことでしたが、きゅうりの代わりにミックスナッツを食べたら空腹感は違ったのではないでしょうか。もちろん食べ過ぎは禁物。一日に食べる分は小分けにしておくのがおすすめです!
【関連記事】
糖質制限ダイエットを成功させるために必要な6つのポイント
アボカドを食べたほうがよい4つの理由~驚くべきアボカドの栄養と効果

スポンサーリンク

運営者情報

健康&ダイエットNAVI 管理人

健康診断で脂肪肝を指摘されたことを機にダイエットを決意。さまざまな文献を読み健康的なダイエットを研究。糖質カット、有酸素運動(ボクシング)、筋トレ等を実践することにより、1年間で約17kg減、体脂肪11%減のダイエットに成功しました。(管理人のダイエット体験談はこちら⇒糖質制限+運動で17kg減!)。このサイトでは、ダイエットや健康に関するさまざまな有益な情報をご紹介しています。

また当サイトではダイエット体験談や記事のライティングをしていただける方を募集しています。
興味のある方はこちら

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

Facebook

お酒の糖質カロリー一覧

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る