水素水「my神透水」で8キロダイエットに成功~水素水生成器はお得!

スポンサーリンク
  • 投稿者:ちょび
  • 性別:女性
  • 年齢:25
  • 身長:154
  • 期間:6ヶ月
  • 体重:61kg → 56g
  • 体脂肪率:?% → ?%
スポンサーリンク



産後からメキメキ太り、着る服がなくなる危機

子供を産むたびに毎回3キロ増のペースで太っていき、とうとう5人目を産んだ頃には、結婚前から15キロも太っていました。その時にはすでに着れる服がなくなってきていて、今では恥ずかしながら主人の短パンやトランクスをパジャマがわりにするというありさま。しかもそれでもキツイという状態!ちなみに主人もかなりのぽっちゃりさんです。

元の服が着たい!子供に「恥ずかしいから授業参観に来ないで」と言われないようにしたい!という思いから、ダイエットを決意しました。

水素水との出会い~お得な水素水生成器を購入

そんなとき、雑誌で水素水についての記事を目にしました。人間は1日2リットルの水分を汗や唾液、尿など様々な形で放出してしまうので、本来は最低でも2リットルの水を摂取するべきとのこと。そもそも、水を飲むことは、体の老廃物を早めに取り去り、血の巡りをよくしてくれるのでとても体によいことなのです。

一方で、現代はストレス社会。私たちの体は悪玉活性酸素によって常に酸化、老化へと導かれています。そして、それを限りなく防いでくれるのが「水素水」です。水素は悪玉活性酸素とくっついて水となり、尿として排出されます。そうなると体に毒素がたまらないため、腸内細菌が腐敗することなく、血管の温度も下がらずに、非常によい腸内フローラを形成できます。それがひいては、体の中に余計なものをためない体、つまり、痩せやすい体へと導いてくれるわけです。

これは水素水を飲まないわけにはいかない!と思いました。水素水にもいろいろあるので、どれを選ぶかについてはかなり迷いましたが、いつでもフレッシュで高濃度の水素水を飲むことができる「水素水生成器」タイプに決めました。最初に約4万円という金額を払うのは思い切りが必要でしたが、1日に2リットル飲むことを考えるとすぐに元が取れますし、長い目で見れば安くつきます。

水素水を飲み始め、三ヶ月目くらいからむくみがなくなりました

水素水を飲み始めて最初の一ヶ月、体重に変化はありませんでした。そんなに早く結果は出ないと思っていたので、それは気にしなかったのですが、気になったのは、どうも体がだるく感じることが多かったこと。不思議に思い調べてみると、水素は腎臓、肝臓の周りの毛細血管の流れを良くし、代謝をあげるので、そのスピードについていけないとだるくなることもあるそうです。これから水素水を飲む人は注意してください。

三ヶ月くらいすると、むくみがなくなり、体調がよくなってくるのを感じました。そして体重も目に見えて減り始めました。半年たつと、なんと5キロくらい痩せました。水素水を飲み始めてからなぜか無駄食いもしなくなったので、それもよかったと思います。

ありがちなリバウンドをずっと心配していましたが

短期間でこんなに痩せるのは今までないことでしたので、当然リバウンドがあると待ち構えていました。しかし、今回ばかりはありません!

水素水は毎日欠かさず2リットル以上飲んでいます。本当は寒いときは温かいお茶にしたいのですが、温めてしまうと水素は消えてしまうので、寒い時は常温の水素水を飲んでいます。

ちなみに私が愛用しているのは、「my神透水(マイシントウスイ)」という水素水生成器です。1200ppb(=1.2ppm)という高濃度の水素水を3分ちょっとで作ることができるのが魅力です。市販の水素水でこれだけ濃度が高いものはほとんどありません。水素水を選ぶときは是非濃度に注意してください。私的には、パックになっている水素水よりも、一度買ってしまえば値段を気にせずたっぷり水素水が飲める水素水生成器をオススメします。また、私は家で使うだけですが、my神透水は小型で充電式なので携帯することも可能です。

人間どうせ飲まなくてはいけない水。みなさんも水素水にしてみてはいかがでしょうか?

My神透水ボトルQ(日省エンジニアリング) ¥42,984
楽天市場Amazon
スポンサーリンク

運営者情報

健康&ダイエットNAVI 管理人

健康診断で脂肪肝を指摘されたことを機にダイエットを決意。さまざまな文献を読み健康的なダイエットを研究。糖質カット、有酸素運動(ボクシング)、筋トレ等を実践することにより、1年間で約17kg減、体脂肪11%減のダイエットに成功しました。(管理人のダイエット体験談はこちら⇒糖質制限+運動で17kg減!)。このサイトでは、ダイエットや健康に関するさまざまな有益な情報をご紹介しています。

また当サイトではダイエット体験談や記事のライティングをしていただける方を募集しています。
興味のある方はこちら

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

Facebook

お酒の糖質カロリー一覧

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る