水素水を1年間飲んでみたら驚くべき効果があった!

スポンサーリンク
hydrogen-water-01
  • 投稿者:たけし
  • 性別:男性
  • 年齢:45
  • 身長:170
  • 期間:1年
  • 体重:70kg → 65kg
  • 体脂肪率:26% → 23%
スポンサーリンク



水素水でのダイエットを決意

会社員をしている45歳の男性です。毎日のように外食で飲み歩いていたせいか、体重の増加が止まらなくなり、それに伴うように疲れが溜まるようになっていました。そろそろダイエットしないとまずいなと感じるとともに、体調も改善したいと思ったのですが、生来運動が苦手。そこで、何か健康食品のようなものでダイエットする方法はないものかと考え、手軽に摂取ができて長く続けられるものを探していたところ、水素水の効能に目が止まり、試してみる事に致しました。

伊藤園の「進化する水 水素水

私が選んだ水素水は伊藤園の「進化する水 水素水」です。今話題の水素水は種類も多く、選ぶのには迷いましたが、価格の安さ飲みきりサイズが決め手になりました。通販で24本セットを購入したのですが、価格は1本当たり200円弱とお手頃。長く続けなくては効果が出ないと思ったので、価格は大事でした。

容器は410mlのボトル缶です。飲んでみて実感したのですが、この410mlという量が絶妙。市販されている大き目の缶飲料(350ml)よりは少し多く、500mlのペットボトルよりは少なめ。少なすぎては物足りませんし、飲みきらずに放置すると水素が抜けてしまいます。好みは人それぞれかもしれませんが、私にとってはこの量がとても気に入りました。

味のほうは、普通のミネラルウォーターをあっさりとさせた感じで、とても飲みやすく、美味しいです。美味しいことも、毎日続けることができた要因の一つだったと思います。

水素水の味とおすすめの飲み方

せっかくの水素水、飲むからには、効果の高い飲み方をしたいもの。水素水はもともと体内への吸収率が高いと言われていますが、さらに吸収率を高める方法はないものかと調べたところ、汗をかいた後に飲むのがよいと分かりました。そこで毎日入浴後に飲むことにしました。湯船にはなるべくゆっくり浸かり、できるだけ汗をかくようにします。また、本当は運動は好きではないのですが、少しでも汗をかこうと思い、時間があって天気もよい日には、30分くらいウォーキングして、帰ってきてから風呂に入るようになりました。

水素水を1年飲んでみての効果とは

水素水を飲み始めてみると、1ヶ月後には早くも体調の変化が現れてきました。まず感じたのは肌荒れの改善です。私は、乾燥肌体質で肌荒れを起こす事が多かったのですが、明らかに肌に潤いが出てきて、真冬でも肌荒れや手の先のひび割れを起こすことがほとんどなくなりました。

また、2ヶ月もすると、数年間、増えることはあっても減ることはなかった体重が、1キロ減っていて驚きました。

1年飲み続けたところ、結局、トータルで5キロもの減量に成功しました。週に2、3回のウォーキング以外、運動らしい運動はしておらず、食生活もほとんど変わっていないことを考えると、期待をはるかに上回る効果でした。これからもずっと飲み続けようと思っています。

水素水の購入を考えている人へのアドバイス

長く続けることが一番大事だと思います。ダイエットが目的の方なら、私の場合、体重が減っていることを実感したのが飲み始めて2ヶ月なので、最低でもそのくらいは続ける必要はあると思います。また、私の場合、汗をかいてから飲むということを常に心がけていたので、そのことも効果を上げるのによく働いたかもしれません。是非多くの人に水素水の効果を体験してほしいと思います。

▼伊藤園 進化する水 水素水
楽天市場Amazon

【関連記事】
水素水の比較結果(週刊文春掲載)~詐欺業者にご用心!
シミが消えた!~私が感じる水素水の効果
水素水って本当に効果あるの?~水素水が優れている理由

スポンサーリンク

運営者情報

健康&ダイエットNAVI 管理人

健康診断で脂肪肝を指摘されたことを機にダイエットを決意。さまざまな文献を読み健康的なダイエットを研究。糖質カット、有酸素運動(ボクシング)、筋トレ等を実践することにより、1年間で約17kg減、体脂肪11%減のダイエットに成功しました。(管理人のダイエット体験談はこちら⇒糖質制限+運動で17kg減!)。このサイトでは、ダイエットや健康に関するさまざまな有益な情報をご紹介しています。

また当サイトではダイエット体験談や記事のライティングをしていただける方を募集しています。
興味のある方はこちら

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

Facebook

お酒の糖質カロリー一覧

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る