昼寝が健康によい5つの理由

スポンサーリンク
benefits-of-taking-naps

昼寝と言うと子供がするものと思うかもしれませんが、大人にも昼寝は必要です。何分昼寝するとどんな効果があるかまとめてみましたので参考にしてください。ただし、慢性的に夜の寝付きが悪い方は、昼寝は悪循環になることがありますのでご注意!
関連記事:より快適な睡眠をとるための25の方法

スポンサーリンク



15~20分の昼寝

15~20分程度のほんの短い昼寝は、注意力や集中力を高める効果があります。

30分の昼寝

30分程度の昼寝は、前の晩よく眠れなかったときにその埋め合わせをする効果があります。

45分の昼寝

45分程度の昼寝は、記憶力を向上させると共に、血圧を下げる効果があります。

60分の昼寝

研究によれば、1時間の昼寝はコーヒーを一杯飲むよりも記憶力や注意力を高める効果があることが分かっています。

90分の昼寝

レム睡眠の1サイクルである90分の昼寝は、エネルギーを回復させ、筋肉をリラックスさせる効果があります。

この記事はアメリカのサイトhttp://www.womenshealthmag.comの記事を「健康&ダイエットNAVI」が日本向けに編集したものです。
スポンサーリンク

運営者情報

健康&ダイエットNAVI 管理人

健康診断で脂肪肝を指摘されたことを機にダイエットを決意。さまざまな文献を読み健康的なダイエットを研究。糖質カット、有酸素運動(ボクシング)、筋トレ等を実践することにより、1年間で約17kg減、体脂肪11%減のダイエットに成功しました。(管理人のダイエット体験談はこちら⇒糖質制限+運動で17kg減!)。このサイトでは、ダイエットや健康に関するさまざまな有益な情報をご紹介しています。

また当サイトではダイエット体験談や記事のライティングをしていただける方を募集しています。
興味のある方はこちら

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

Facebook

お酒の糖質カロリー一覧

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る