美容と健康の味方!ビタミンCの効果的な摂り方とは?

スポンサーリンク
tips-for-getting-vitamin-c

ビタミンCの働きとは?

野菜や果物に含まれているビタミンCは、体の様々な化学反応に関わっています。まず、体の細胞を錆びさせる活性酸素に対する強い抗酸化力があるため、血管の老化を防ぎ、動脈硬化や心筋梗塞、脳卒中などの予防や、発がん性物質の形成を抑えるのに役立ちます。

また、美肌ビタミンとも言われており、メラニン色素の生成を予防してシミやそばかすのない白い肌を保ち、骨の結合組織を構成するコラーゲンを合成して、ハリと弾力のある肌を育みます。他にも、抗ストレス作用のある副腎皮質ホルモンの合成を促進し、ストレスへの抵抗力も高めますので、免疫力をアップして病気を防ぐのに役立ちます。

このように健康な体を保つために必要なビタミンCですが、その優れた効果は、摂り入れる方法で差が出ます。今一度、ビタミンCについて知っている常識を再確認してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク



ビタミンCが若さを保つのに欠かせない理由

beautifu-skin
年齢とともに進む老化や罹る病気には個人差がありますが、年齢よりも若々しく見えたり、老けて見えたりする人がいるのはなぜでしょうか?その違いが生じる理由の一つはビタミンC不足です。細胞を錆びつかせたり老化や病気を引き起こす活性酸素は、紫外線やストレス、喫煙やアルコールなどによって体内で過剰に発生することがあります。

そこで、ビタミンCには、活性酸素を除去して細胞を守る抗酸化作用や、コラーゲンの生成を高めて肌の弾力を保つ作用があるため、若さを保つ働きがあります。シミやシワ、くすみや目のまわりのクマ、顔のハリやみずみずしさなど、顔には若さを表すサインがありますが、体のビタミンCが不足すればするほど老化スピードも加速して、若さがどんどん失われてしまうのです。

ビタミンCを食べ物から摂らなければならない理由

vitamin-c-food
体の健康や美肌を維持するビタミンCは、人間の体にとって必要不可欠なものですが、このビタミンCを人間は体内で合成することができません。不思議なことに、他のほとんどの動物は自分で作ることができるのですが、人間にはできないのです。

そのため、ビタミンCは食べ物から摂り入れる必要があります。ビタミンCの多い食材として、レモンやキウイフルーツ、柿などの果実、赤ピーマンやブロッコリー、パセリやジャガイモなどの野菜があります。ビタミンCを豊富に含む食材を毎日の食事に加えてみましょう。
【関連記事】ビタミンCが多い食べ物「現実的な」ランキング

また、ビタミンCの他、ビタミンAビタミンEも抗酸化ビタミンと呼ばれています。この3つのビタミンを一緒に摂ると、お互いに協力し合って、さらに酸化のリスクを軽減してくれます。

ビタミンCを効率的に摂り入れなければいけない理由

vitamin-c-supplement
体の健康を維持するうえで、最小限必要なビタミンC摂取量は、1日100mg程度ですが、ストレスや食生活が乱れがちな現代人は、消費するビタミンCの量は増える一方です。実際、ストレスで消費されるビタミンCは、通常の3〜8倍と言われていますし、アルコールの分解やスマホの使用などの目の疲れによってもビタミンCは消費されます。

また、ビタミンCは水溶性のため体内に蓄えておくことができず、摂り入れた後2〜3時間後には体の外へ排出されてしまいます。また、一度に多量に摂り入れた場合も、過剰分は体の外へ排出されます。

そこで、ビタミンCを効率良く摂取するには工夫が必要になります。一つの方法として、サプリメントを活用する方法が挙げられます。1日3回ほどに分けて食後に飲むようにすると、他の栄養素と連動していっそう効果が高まるでしょう。

▼ビタミンC サプリ 送料無料
楽天市場Amazon

肌に塗るビタミンCを活用する理由

vitamin-c-cosmetic
体のあらゆる働きに必要なビタミンCは、脳や肝臓など体の隅々に運ばれていくため、肌に届く時には、わずかな量になっています。そこで、美肌を保つためには、ビタミンCは肌に塗る方が効果が大きいです。肌につけるものは、肌への即効性や浸透性、安定性や刺激のなさを考えて選ぶ必要があります。塗る際は、肌の気になる部分だけでなく、顔など全体につけることによって、細胞全体を活性化し元気にすることができます。

▼ビタミンC誘導体をたっぷり溶かしこんだ美容液
紫外線や年齢に負けない肌へ!プラセンタ&ビタミンC美容液

ただし、ビタミンCが豊富な果実の一つにレモンがありますが、レモンパックなどを直接肌にのせたり塗ったりするのは避けるべきです。レモンには光毒性(ひかりどくせい=肌についた状態で紫外線に当たると、皮膚にダメージを与える)のある物質が含まれているからです。また、レモンは強い酸性で刺激もあります。レモンは、レモネードやホットレモン、スムージーなどの飲み物や、サラダや料理の薬味として使いましょう。

参考文献:「メディカルコスメ 会報誌 シーラバー」2016年7月号
スポンサーリンク

運営者情報

健康&ダイエットNAVI 管理人

健康診断で脂肪肝を指摘されたことを機にダイエットを決意。さまざまな文献を読み健康的なダイエットを研究。糖質カット、有酸素運動(ボクシング)、筋トレ等を実践することにより、1年間で約17kg減、体脂肪11%減のダイエットに成功しました。(管理人のダイエット体験談はこちら⇒糖質制限+運動で17kg減!)。このサイトでは、ダイエットや健康に関するさまざまな有益な情報をご紹介しています。

また当サイトではダイエット体験談や記事のライティングをしていただける方を募集しています。
興味のある方はこちら

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

Facebook

お酒の糖質カロリー一覧

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る