水素水+水素バスでアンチエイジングとデトックス!

スポンサーリンク
diet-exp-hydrogen-water-03
  • 投稿者:ゆうき
  • 性別:女性
  • 年齢:37
  • 身長:152
  • 期間:3ヶ月
  • 体重:51kg → 45g
  • 体脂肪率:?% → ?%
スポンサーリンク



水素水ダイエットの動機

35歳を過ぎたあたりから、食事制限などの無理なダイエットをして4キロ痩せました。しかし、昔は「痩せる=綺麗になる」だったのが、年齢を重ねてきた最近は「痩せる=貧相」になるように思えてきました。そのためせっかく痩せたのに喜びは見出せず・・・

やっぱり健康に、そしてアンチエイジングしながら綺麗にやせたい!でも、運動する時間と気力はない!という事で、ショップで目に入った『水素』に注目してみたのがきっかけでした。

水素水を飲む~効果

trust-water
まずは、飲む水素水を試しました。購入したのは「トラストウォーター水素水」です。水素水は飲んだ感じは普通の水とまったく変わりないので、日々飲む水を水素水に抵抗なく置き換えました。その他にも、なるべく甘い飲み物やカフェインも避けました。なぜなら、キレイに痩せたいから!

飲み始めてから、次のような体の変化を感じました。

汗をかく量が増えた

少し歩いただけでも、それとバスタイムでも、それまで以上に発汗するようになりました。これは飲み始めて3~4日で実感しました。その効果がわかりやすかったので、テンションが上がり、歩くのもいつもより早くしてみたり、湯船に5分長く入ってみたりするようになりました。痩せた理由としてはこれが大きかったと思います。

便秘の改善

2~3日に1回のお通じだったのが、ほぼ毎日になりました。科学的には、水素水の便秘改善効果は証明されていないようなのですが、水素水を飲み始めて便秘が改善するという人は結構いるようです。私の場合てきめんでした。

肌のつやがよくなった

飲み始めて1ヶ月くらいすると肌のつやがよくなってきたのを感じました。きっとこれが水素水の抗酸化作用のおかげなのでしょう。それに加えて、便秘改善や、汗をかくようになったのも相乗効果になっているのだと思います。老廃物が出ていき、身体が軽くなる実感がありました。本当に毎日すっきり寝て、朝も清々しく迎えられる、そんな気持ちになりました。

水素バスに入る~効果

hydrogen-bath
とにかく水素が気にいったので、飲む水素水と併用して、水素生活の「水素バス」を使うようになりました。使い方は簡単。水素バスの素を専用ケースに入れてお風呂に沈めると、ボコボコと音を立てて水素が発生します。

こちらもバスタイムに湯船に入っているだけで、それまでの倍の発汗。上記の水素水と同じく、老廃物の除去にものすごく効果的で、ついでに身体の疲れもとってくれます。朝が快調で目覚めスッキリなのはこれの効果も大きいと思います。

水素水のお湯で洗顔したり体を洗うようにもなって、肌の透明感やツヤなど、若返りも感じ始めました。体内の新陳代謝、デトックスをしながらダイエットができているため、身体の調子が良くなり、アンチエイジングにもなり、とても健康的な痩せ方をできたと実感しています。

水素水ダイエットのその後

水素水と水素バスで5キロ痩せましたが、そこで停滞したため、今は運動と食事のコントロールをより心がけています。肌の調子、身体の調子、体重キープのため、今でも水素は続けてますし、今後はお風呂には水素発生器のタイプを購入したいと思っています。水素水は常に冷蔵庫キープしています!

水素水ダイエットをオススメする方

水素水はアンチエイジングをはじめさまざまな効果が科学的に証明されています。年齢が増してくると「痩せる=綺麗」は通用しません。特に35歳以降の方で、健康的に痩せたいと思っている方、そして無理なく5キロくらい痩せたいという方にオススメします。それが「綺麗」につながると思います。

水素水にはいろいろありますが、とりあえず私が使ったものは私は効果があったのでオススメします。一緒に水素水で美魔女を目指しましょう!

トラストウォーター水素水楽天市場Amazon
水素生活「水素バス」楽天市場Amazon
スポンサーリンク

運営者情報

健康&ダイエットNAVI 管理人

健康診断で脂肪肝を指摘されたことを機にダイエットを決意。さまざまな文献を読み健康的なダイエットを研究。糖質カット、有酸素運動(ボクシング)、筋トレ等を実践することにより、1年間で約17kg減、体脂肪11%減のダイエットに成功しました。(管理人のダイエット体験談はこちら⇒糖質制限+運動で17kg減!)。このサイトでは、ダイエットや健康に関するさまざまな有益な情報をご紹介しています。

また当サイトではダイエット体験談や記事のライティングをしていただける方を募集しています。
興味のある方はこちら

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

Facebook

お酒の糖質カロリー一覧

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る