ランニングすると胸は垂れるのか?

スポンサーリンク

疑問:女性がランニングすると胸が揺れる。果たして日常的にランニングすると胸の垂れは悪化するのか?
回答者:ニューヨーク州マウント・キスコ 産婦人科医, 『V Is for Vagina』共同著者・アリッサ・ドゥエック

スポンサーリンク



回答:この問題については、残念ながら現時点では十分な研究報告がありません。しかし、毎晩のランニングが胸の垂れの原因につながる可能性はあります。「ランニングなどの一部の激しい運動によって、胸は上下左右に揺れを繰り返します。このように胸が八の字を描くような動きは、胸が垂れる原因の一つになりえます」(ドゥエック氏)

ではランニングなんかやめてウォーキングにしよう、あるいはヨガでも始めよう、と思うかもしれませんがもう少し読んでください。「誰しも多かれ少なかれ胸は垂れていきますが、これにはさまざまな要因があります。重力、加齢、妊娠、体重の減少・増加、喫煙等、これらの要因の組み合わせにより、胸の形をキープするコラーゲンが緩くなります。また、遺伝も関係します。中にはいつまでも形の良いバストを保っている人もいますが、こういった人は生まれつきコラーゲンが強いのです。これらの要因のいずれが胸の垂れに大きい影響があるかということについては、個人差がある上にコントロールするのも難しく、明確な答えはありません」(ドゥエック氏)

アドバイス:ランニングは続けることをおすすめします。ランニングによる健康増進のメリットは、胸のコラーゲンが多少緩むデメリットよりはるかに大きいものです。「自分に合ったサイズのセパレートカップのスポーツブラをすることで胸の揺れは最小限に抑えられます。ただ胸を押し付けるだけのきついスポーツブラはよくありません」(ドゥエック氏)。またビタミンCを多く摂るように心がけてください。ビタミンCにはコラーゲンを作り出し、その弾力性をアップさせる働きがあります。ビタミンCは柑橘系のフルーツや緑の葉野菜に多く含まれます。

この記事はアメリカのサイトhttp://www.womenshealthmag.comの記事を「健康&ダイエットNAVI」が日本向けに編集したものです。
スポンサーリンク

運営者情報

健康&ダイエットNAVI 管理人

健康診断で脂肪肝を指摘されたことを機にダイエットを決意。さまざまな文献を読み健康的なダイエットを研究。糖質カット、有酸素運動(ボクシング)、筋トレ等を実践することにより、1年間で約17kg減、体脂肪11%減のダイエットに成功しました。(管理人のダイエット体験談はこちら⇒糖質制限+運動で17kg減!)。このサイトでは、ダイエットや健康に関するさまざまな有益な情報をご紹介しています。

また当サイトではダイエット体験談や記事のライティングをしていただける方を募集しています。
興味のある方はこちら

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

Facebook

お酒の糖質カロリー一覧

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る