腹筋を割る!バランスボールを使った腹筋のトレーニング動画10選

スポンサーリンク

バランスボールエクササイズボール)はいろいろな使い方ができますが、腹筋を鍛えるのにとても効果的です。ここでは、バランスボールを使ったおすすめの腹筋運動をご紹介します。プランクが主体の体幹トレーニング系ではなく、クランチレッグレイズを中心にチョイスしました。
【関連記事】初心者向け!バランスボール を使ったおすすめ体幹トレーニング10選

ざっくり言うと、クランチ系(上体の上げ下げ)は腹筋の上部レッグレイズ系(脚の上げ下げ)はより下腹に効くと覚えておくとよいでしょう。ただし、腹筋を割りたかったら、体脂肪を減らす努力も忘れずに。体脂肪率が15%程度にならないと腹筋は割れて見えないと言われています。是非頑張って理想の腹筋を手に入れてください!
【関連記事】筋トレしても効果が出ない14の原因

■ おすすめのバランスボール「セラバンド バランスボール(55cm)」:
楽天市場Amazon

スポンサーリンク



クランチ

クランチして上体を静止するトレーニング。シンプルながらかなり効きます!10秒も静止しなくても、ゆっくりめで普通にクランチ(上体の上げ下ろし)するだけでもよいでしょう。

変形レッグレイズ

膝の裏でバランスボールを挟み、膝を胸に引き寄せるトレーニング。下腹や腸腰筋に効きます。

レッグカール

これも下腹と腸腰筋に効くトレーニング。体を浮かせて固定する「プランク」の要素もあるので、体幹にもバリバリに効きます。

サイドクランチ

腹筋の横(腹斜筋)に効くトレーニング。壁で脚を固定するのがポイント。

サイドレッグリフト(腹斜筋)

同じく腹筋の横(腹斜筋)を鍛えるトレーニングですが、上体ではなく、脚を上げ下げさせます。

レッグレイズ各種

足でボールを挟んで上げ下げするトレーニング。まずは背中をつけてやるのがよいでしょう。

レッグレイズ(ハンドパス2種)

レッグレイズの応用編です。ボールをキャッチするのでなんだか楽しそうに見えますすが、要はこれはV字腹筋。かなり効きますよ~!

ニータック

呼び方はいろいろありますが、要は足をバランスボールに乗せたプランクの体勢なって、膝を胸に引き寄せるトレーニングです。動画では脛あたりを乗せていますが、余裕のある方は足の甲あたりを乗せると負荷が高くなります。

ジャックナイフ

上のニータックの応用編。膝を曲げるのではなく、お尻を上に突き上げる意識で行います。かなり高度です。

レッグレイズ・ワイパー

これは強烈。腹筋自体もちろん効くのですが、それ以前に、手で体を支えるのがキツい!後ろにひっくり返らないよう気をつけてください。

■ おすすめのバランスボール「セラバンド バランスボール(55cm)」:
楽天市場Amazon

スポンサーリンク

運営者情報

健康&ダイエットNAVI 管理人

健康診断で脂肪肝を指摘されたことを機にダイエットを決意。さまざまな文献を読み健康的なダイエットを研究。糖質カット、有酸素運動(ボクシング)、筋トレ等を実践することにより、1年間で約17kg減、体脂肪11%減のダイエットに成功しました。(管理人のダイエット体験談はこちら⇒糖質制限+運動で17kg減!)。このサイトでは、ダイエットや健康に関するさまざまな有益な情報をご紹介しています。

また当サイトではダイエット体験談や記事のライティングをしていただける方を募集しています。
興味のある方はこちら

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

Facebook

お酒の糖質カロリー一覧

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る