アレルギーが原因で起こる3つの肌トラブル

スポンサーリンク
allergy-related-skin-issues

まさに日本の国民病と言ってもよい花粉症。患者数が年々増えているだけでなく、春のスギ花粉の他、その後に続くヒノキ、イネ、ブタクサ等、反応するアレルゲン(抗原)が年々増えていく人もいます。くしゃみ、鼻水、目のかゆみといった症状に気をとられがちですが、実はアレルギーは肌トラブルを引き起こすことがあるので要注意。ここではアレルギーが原因で起こることがある主な肌トラブルと、その簡単な対処法についてご紹介します。

スポンサーリンク



肌の腫れ

puffiness「アレルギーが原因で肌が腫れたり、かゆくなったりすることがあります。これは、スギ花粉などのアレルゲンが血液中のIgE抗体と結合すると、ヒスタミンなどの炎症性物質が脂肪細胞から放出され、全身に運ばれていくからです。もしこうした皮膚の症状が初めてなら、アレグラやジルテックなどの市販薬がおすすめです。あるいはアイスパックなどの冷却剤を直接肌に当てるのも効果的です」(ニューヨーク市 皮膚科医・デブラ・ジャリマン氏)


肌の赤み

redness「鼻をかみすぎると、鼻の周りの肌が赤くなることがあります。アロエなどのエキスが含まれたものや、ローションタイプのものなど、肌にやさしいティッシュペーパーを使うことをおすすめします。もし赤みが治まらない場合は、アロエベラジェルを塗ると、赤みや腫れを和らげることができます」(ジャリマン氏)


肌のかさつき

flakiness「ティッシュを使いすぎると、その摩擦によって肌が乾燥し、皮がむけることがあります」(ジャリマン氏)。そこで、肌の潤いを保つために重要になるのは、正しい保湿です。「私は自分の患者さんには無香料のティッシュを使うことをすすめています。香料はそれ自体がアレルゲンなので、炎症を悪化させることもあります。また保湿クリームでは、セタフィル(Cetaphil)、セラヴィ(Cerave)、ヴァニクリーム(Vanicream)、エルタMD(EltaMD)などがおすすめです」(ジャリマン氏)


この記事はアメリカのサイトhttp://www.womenshealthmag.comの記事を「健康&ダイエットNAVI」が日本向けに編集したものです。
スポンサーリンク

運営者情報

健康&ダイエットNAVI 管理人

健康診断で脂肪肝を指摘されたことを機にダイエットを決意。さまざまな文献を読み健康的なダイエットを研究。糖質カット、有酸素運動(ボクシング)、筋トレ等を実践することにより、1年間で約17kg減、体脂肪11%減のダイエットに成功しました。(管理人のダイエット体験談はこちら⇒糖質制限+運動で17kg減!)。このサイトでは、ダイエットや健康に関するさまざまな有益な情報をご紹介しています。

また当サイトではダイエット体験談や記事のライティングをしていただける方を募集しています。
興味のある方はこちら

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

Facebook

お酒の糖質カロリー一覧

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る